忍者ブログ
ブログ
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





幼稚園から帰ってきた冬獅郎が元気が無い。
…というより、拗ねている。

今日、幼稚園で来月に行われる園児達の発表会の練習のときだった。
冬獅郎の組は劇をやることになっていて、さらわれたお姫様を助ける王子様の物語なのだが、お姫様役をやる予定の女の子が、急に親の転勤で引っ越しをしてしまうことになり、劇に参加することが不可能になってしまった。

それで、代わりの子を探さなくてはならなかったのだが、あいにくお姫様役の女の子はとても体が小さくて、他の子ではせっかく用意したドレスが着られない、
新しく作ればいい話なのだが、引っ越しをしてしまう子が、堂してもそのドレスを使ってほしいとお願いをしてきた。
お母さんと二人でデザインを考え、一生懸命作ったものだからだ。
それに、来月の劇はその子も必ず見に来ると言っていたので、仕方が無い。

そこで、白羽の矢が立ったのが冬獅郎。
その女の子よりも少し小さい。
幼稚園で、この用意されたドレスをきられるのは、冬獅郎だけだった。

渾身の力で嫌がった冬獅郎だが、周りの説得(主にオレの)と、泣きながら『あたしのドレスを来てほしい!』と言う女の子に負け、とうとう承諾してくれたのだ。

試着させてみると、案外…というかものすごく似合っていて、オレはにやけた顔を他の人に見られないようにするので精一杯だった。

冬獅郎は仕方なく今日から台本どおりの台詞を覚えなくてはならなくなってしまったし、当日まであまり時間がないので、毎日オレと練習をすることになった。
頭のいい子なので、台詞は巣食い覚えるのだが、いかんせん言葉遣いや、仕草が恥ずかしくて嫌なのか大きな声を出さなくては行けない場面でも、棒読みで蚊の泣くような声しか出さない。

やれやれ…もう来週には通しで練習しなくてはならないのに…。

冬獅郎をその気になせるにはどうしたらいいのだろう…。

オレのため息は出尽くすことはなかった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/27 ハナ・ザ・ヘルペス]
[08/20 いてや]
[08/19 鼻]
[08/19 いてや]
[08/18 waca]
最新TB
(10/03)
プロフィール
HN:
いてや
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/02)
(10/06)
(10/07)
(10/08)
(10/10)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]