忍者ブログ
ブログ
[150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





『一護…あちぃ…』
『あー…あちぃな…』
『なんとかしろよー』
『つっても、オレの部屋クーラーねぇし…ってか、まだ春だぜ?お前夏どーすんだ?』
『帰る』
『帰る…って…まぁ…』
『もうしばらく現世にはこねぇ!』
『ちょ…おま…しばらく…って、んな…だって、あっちだって夏は暑いだろ?』
『…お前の暑苦しい顔見なくて済むだけ、涼しい…』
『…てめぇ…』
『…本気にすんなよ…ガキだな…』
『…冬獅郎に言われたかねえよ…お子様め…』
『うっせ…』

しかたなく、暑い暑いとうるさい冬獅郎の為に一護はコンビニに買い出しへ。
アイスを買い物かごへ山ほど積み上げ、レジで清算する。

『3580円でございます』
『あ…はい』

なんだかパシリな気分になって、小さくため息。

アイスが溶けないように急ぎ足で家にもどる。
二階の自分の部屋に入ると、ベッドに突っ伏した冬獅郎。
暑さに疲れて寝てしまったらしい。

『アイス買ってきたぞ!』
『うー…食う…』
『ほら!どれがいいんだよ!』
『なんでもいい』

袋から一つを適当に選んで、冬獅郎に渡す。
アイスが大好きな冬獅郎は、2つ3つとアイスを食べ続けている。
勢いで食べていたようだが、さすがに寒くなってきたのか、食べる手を止めて足を丸めて寝転んだ。

『お前食い過ぎだろ…』
『うるせぇ…』
『腹壊すぞ?」
『壊さねえよ…』
『…お前ねるなら、ちゃんと布団かけて寝ろよ?』
『んー…』
『…ったく…』

本当に良く寝る奴だと思いながら、一護は床に寝転んでしまった冬獅郎を抱え上げ、ベッドに運ぶ。
やはり、アイスを食べ過ぎて、手や足の先が冷えて冷たくなっている。
もう既に眠ってしまった冬獅郎にタオルケットをかけ、頬を撫でた。







今日は暑かったでつねー^^
夏がだいすきっこのあたしとしては嬉しい限りですが、薄着に向かってのダイエットが間に合っておりませぬ……;;
時よ止まれってんだ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/27 ハナ・ザ・ヘルペス]
[08/20 いてや]
[08/19 鼻]
[08/19 いてや]
[08/18 waca]
最新TB
(10/03)
プロフィール
HN:
いてや
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/02)
(10/06)
(10/07)
(10/08)
(10/10)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]